読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳でセミリタイアしたオタク女子が婚活始めました

27歳でセミリタイアした私の日記です

関西住みの私が思うアニメやドラマの方言について

漫画・アニメについて

私は関西に住んでいるのですが、

アニメやドラマを見ていていつも思うことがあります。

 

「関西弁を話す声優や俳優、女優の方言が下手くそすぎる」

 

多分、これは地方に住んでおられる方は、

同じようなことを思っているのではないでしょうか。

 

もちろん、その地方出身の人は、

その方言を話すのが上手いですけどね・・・当たり前だけど。

 

まあ、ドラマなどの俳優さんや女優さんは、まだマシですよ。

 

ああ、ちゃんと練習しているんだな・・・って思いますもんね。

下手くそだけど。

 

問題は、私の大好きなアニメさ。

 

もうね~、アホかと馬鹿かと・・・。

もうちょっと調べて、勉強して欲しい。

 

「~~やねん」とかでも、出身地の人が聞いたら、全然違うのよ。

こないだ「バッテリー」ってアニメを見たとき、

余りにも関西弁がひどすぎて笑いましたもん。

 

イントネーションが違うのは、まだ我慢できるよ。

 

気に入らないのは、

今時言わないような言葉を使っているとき。

 

関西弁で言えば、

「わい(自分のことね)」とか「~~まんねん」とか「~~でんがな」とか。

 

そんな話し方する人見たことないわ~~!!

 

なんか、外国人が日本人のことを

「サムライ~」「ニンジャ~」「ハラキリ~」とか

言っているような感じ。

バカにすんな・・・。

 

逆に、アニメを見ていて、関西弁をきれいに話す所を見ると、

結構感動する。まあ、ほとんど関西出身の人なんだけどね。

 

名探偵コナンに出てくる

服部平次」とか「遠山和葉」の声は、

綺麗な関西弁で、なんか安心しますもんね。

 

ちなみに、服部平次は、ドラゴンボールベジータと同じ声。

遠山和葉は、エヴァンゲリオンのアスカと同じ声。

 

ある意味凄いです。

関西弁を話すベジータとか笑えます。

 

せっかく、「方言を話す」という特殊な役柄なので、

それなりに勉強してもらいたいですね。

 

↓ランキングに参加しています。クリックが励みになります♪

<<広告>>