読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

27歳でセミリタイアしたオタク女子が婚活始めました

27歳でセミリタイアした私の日記です

セミリタイアを目指す人は、会社での仕事ができない人なのかな?

最近、「ハイキュー」というアニメにはまっています。

 

「ハイキュー」というのは、

バレーボールを通じて、主人公とその仲間が成長していく

ストーリーなんだけど、これが熱い!

 

ちなみに、私は、こういう熱苦しい漫画が大好きなんだよね。

まあ、実際の男性も、大人しそうな人よりも

熱くて、ポジティブな人が大好きなのです・・え?興味ない?ごめんな。

 

そんな「ハイキュー」なんだけど、

凄く印象に残ったシーンがあります。

 

月島くんという、体格に恵まれていて、センスもあるのに、

過去に色々あった為、

みんなが頑張っているのに、一人だけ冷めているキャラがいます。

 

その月島くんと合同合宿で一緒に練習していた、

ライバルチームのエースである木兎くんに下記のように言われるんですよね。

 

木兎『月島くんさ、バレーボール楽しい?』

月島『? ・・・いや、特に』

木兎『それはさ、下手くそだからじゃない?』

月島『っ!』

 

なんか、何気ない会話なんですが、

わたし的には、ちょっと衝撃を受けまして。

 

私は、すでに会社を辞めて、セミリタイアをしています。

私が、会社勤めをしていたころ、仕事が好きじゃなかったんですよね。

で、さっきの会話に当てはめると・・・。

 

「仕事楽しい?」→「いや、特に」→「仕事できないからじゃね?」

 

物凄く、筋が通っちゃうんですよね。

もちろん、仕事をやっていた当時、一生懸命やっていましたし、

仕事ができないとは、これっぽっちも思ってなかったけど、

一部のとんでもなく仕事ができる、別次元の人たちに比べると、

仕事ができなかったと言えます。

 

だから、仕事を続けずに、セミリタイアした・・・

と、言えなくもないなあ~、って思うんですよね。

 

だってさ、

仕事ができて、仕事が好きなら、

別にセミリタイアなんてしなくてもいいわけじゃん。

 

今にして思えば、私の周りにいた同僚達で、

「あ~、仕事辞めたいなあ~」

って思っている人たちって、総じて仕事できない人ばかりだしさ。

(すごく失礼なこと書いてますが・・・。)

 

「セミリタイアしたいから、仕事を辞める」

というのであれば、良いと思うけど、

「仕事を辞めたいから、セミリタイアする」

というのであれば、会社を辞めずに、

仕事を好きになるように努力した方がいいかもしれませんね。

 

↓ランキングに参加しています。クリックが励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

<<広告>>